ひとりごと

ナレーションを押してね
苔寺と呼んでます。京都に有名な苔寺があるのはずっと後に知りました。
畳に座って庭を見ていると心が落ち着きます。
寺の前の小川は人が身投げするのにはちょっと小さすぎると思います。
この近くの定遠館に住んでいた時、小学生になりました。
司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」を読んで、初めて中国戦艦「定遠」の一部を使った門扉の砲弾の跡の意味が理解できました。
ここは通学路でした。寺の前の田んぼでおたまじゃくしや浮草の観察をしました。