蓮華唐花文塼

学校院地区からは華麗な文様をもつ塼が出土する。
塼は宮殿や寺院の床や壁に使われた、現在のタイルにあたる焼きものである。
一般的には無文のものが多く、このように花文をデザインした塼は日本では珍しい。
大宰府でも学校院地区を中心に出土する。
この文様は朝鮮半島の影響を強く受けており、外国との交流が盛んであった大宰府の一端をみることができる。
文様塼には長方形の他に正方形・三角形があり、これらを組み合わせて使用した。

学校院跡から出土した平安前期の蓮華唐花文塼は太宰府天満宮に保管されている。

(せん)