苅萱道心と石童丸の説話

石童丸の父は石童丸が生まれる前に出家するために京へ行きました。
石童丸がどうしても父に会いたいというので母は2人で京へ行くことにしました。
石童丸の姉は手作りの衣を父にと持たせました。
石童丸の父は高野山に移ってました。高野山は女人禁制です。
石童丸は1人で高野山に登り、父を探しました。
親切なお坊さんが父は死んだと教えてくれました。
石童丸が山から降り母にそう伝えると母は嘆き亡くなりました。
石童丸は高野山に登り、親切なお坊さんに衣をあげて、母を弔ってもらいました。
苅萱関に戻ると姉も死んだばかりでした。
1人になった石童丸は高野山に登り、親切なお坊さんに弟子にしてもらいました。
親切なお坊さんは本当は石童丸の父で、正体を知られたくありませんでした。
石童丸の父は長野の善光寺に去って行きました。
説経「かるかや」、浄瑠璃「苅萱桑門(どうしん)筑紫いえずと」宗輔

リンク

索引 | 検索