参道・梅ヶ枝餅

拡大標準縮小

参道

ひとりごと

オルゴール屋「風見鶏」は元佐藤市長のおうちを借りていたそうです。ここは私の小学校時代のクラスメートのうちで、当時大和屋旅館でした。2人で2階の客室まで遊びに行って、お客さんの旅の珍しい話を聞いたものです。
参道のお店は幼い頃の友達のうちがいっぱい。2階や裏に行ったことがないところの方が少ないくらい。
菓子舗「梅園」の宝満山は甘い。とにかく甘い。これより甘いものはまだ食べたことありません。「梅園」は小学校の司書の先生のおうちでした。

菓子宝満山
宝満山

梅ヶ枝餅

参道の鳥居
Steveさんからいただいた参道の写真

ひとりごと

子供の頃、二日市の百貨店に行くか、葉書を買って雑誌の懸賞に応募するか、それとも梅ヶ枝餅にするか、太宰府駅でさんざん考えたものです。

案内

榎寺で淋しく暮らす道真公を慰めるため、老婆が梅の枝にだんごを刺して差し上げたのが始まりといわれている。
もち米粉と米粉を練り上げ、薄い皮をつくり、それに小豆あんを包んで焼いたもの。
できたてのあつあつがベスト。緋毛氈に座ってどうぞ。(現在1個120円)
ちなみに梅は入っていません。


太宰府天満宮リンク お土産・参道
太宰府天満宮リンク 梅ヶ枝餅