榎社

拡大標準縮小

ひとりごと

案内
榎社
榎社の写真
鳥居
鳥居の写真
菅原道真公は大宰府に左遷されてから逝去されるまでの2年間をこの地で謫居された。
罪人としての赴任のため、不出門。天拝山で自分の無実を天に訴えることも実際はできなかった。
毎年9月、菅公の御神霊はここに神幸され、一夜過ごされて翌日天満宮本殿に遷御される。
菅公没後、11世紀初頭の大宰府長官によって伽藍が建立されたといわれている。
榎社は、菅公を日夜お世話された浄妙尼を祀る社で、かつては浄妙寺と呼ばれていた。
寺域は広くよく整備されていたが、現在は小さな祠が建つのみ。

道真の幼子の墓

その他
中学の文化祭で行われた紙(フィルム)芝居(メールより)


榎社リンク


福岡県太宰府市朱雀6-18-1
西鉄二日市駅から徒歩15分。
見学自由
西鉄二日市駅 760m
西鉄都府楼前駅 870m
JR都府楼南駅 1260m
西鉄五条駅 1540m
大宰府政庁跡 730m
苅萱関跡 1080m
観世音寺 1300m
太宰府天満宮 2750m
塔原塔跡 1890m
二日市温泉 1980m
地図