心蓮上人

拡大標準縮小

心蓮上人は宝満山山中で修行、神霊を得て674年にこの地に社殿を建てたという。
683年6月10日に亡くなり、仏頂山(868m)に葬られた。
山伏たちの霊地として、心蓮上人は信仰の中に生き続けた。
仏頂山に心蓮上人の祠堂がある。(昭和53年4月29日宇美町文化財を守る会建立)博多人形師の三坂茂氏が心蓮像を献納した。
昭和57年5月、1300年遠忌供養会が、竈門神社の修験者らによって古式豊かに行われた。
玉依姫・馬蹄石