九州自然歩道(水城堤防〜武蔵寺)

拡大標準縮小
<コースタイム>水城跡の碑−40分−杉塚廃寺跡−10分−塔原塔跡−20分−武蔵寺−10分−二日市温泉
JR水城駅南100mの踏切を渡り天拝山に向かって進む。大佐野交差点先で県道と合流。
杉塚廃寺跡は県道から50mの竹薮にある。3個の礎石があり、出土した瓦から条坊西南隅の大寺院と推定されている。
塔原塔(十五堂)跡は塔原塔歩道橋の階段下にある。白鳳時代に創建、奈良時代初期に廃絶したといわれている。
県道が九州縦貫道をくぐる手前を右に折れ、山に向かって登ると九州最古の寺、武蔵寺。 九州縦貫道をくぐり抜けると二日市温泉街である。