菅原道真リンク(作品)

漢詩

自詠不出門雪夜思家竹東山小雪傷野大夫晩望東山遠寺秋夜早春内宴、侍仁寿殿、同賦春娃無気力、応製一首。并序。読家書有所歎雲林院に扈従して感歎に堪へず、聊か観る所を叙ぶるの序読楽天北窓三友詩哭奥州藤使君菅家後集菅家後草〈叙意一百韻〉菅原道真公の和歌菅家後集〈夜雨〉菅家後草〈秋夜〉gln
意味を教えてください。 菅原道真の漢詩で「駅停桜上三通鼓 公館窓一点灯」 こちら『菅家文草』と『菅家後集』は別の書物として区別し、古文大鏡の「菅原道真の左遷」にでてくる2つの漢文の書き下し文を教えて下さい。至大鏡の菅原道真の左遷で 劣り給へる の品詞分解をしてください菅原道真の『菅家文草」にある遣唐使廃止の部分
大鏡『菅原道真の左遷(都府楼の鐘)』のわかりやすい現代語訳と解説菅原道真『不出門』現代語訳・書き下し文と解説
菅家文草卷-臘月獨興菅家文草卷六 早春内宴、侍清涼殿同賦鶯出谷菅家文草卷四 新蝉
詩吟 九月十日 菅原道真 香雲堂指導師範 内田佩山 北川副公民館詩吟 九月十日九月十日道真公自詠の鳥点文字詩吟「九月十日」菅原道真九月十日 菅原道真詩吟 「自詠」 菅原道真菅原道真の漢詩 七言絶句で歌うぞ!紫尾神社(鹿児島県南さつま)で見つけた太宰府のこと動画
菅原道真著『菅家後集・叙意一百韻』を読む『菅家文草・寒早十首』を読む
九月十日&九月十五日(菅原道真)自詠(菅原道真)二月十九日梅花
菅原道真の【九月十日】と大恩人の宇多天皇陵へ道真公に成り代わり参拝
『九月十日』菅原道真公と宝塚OG考〜去年の今頃は〜実咲凜音他
1115年前の今日「大宰府」で亡くなった【菅原道真】の無念の詩
菅原道真の漢詩 寒早十首 の全文と口語訳寒早十首の説明

小倉百人一首24番

小倉百人一首第二十四番 菅家(菅原道真)「このたびは」
野路由紀子 うたう小倉百人一首 24番 菅家野路由紀子 うたう小倉百人一首
このたびは ぬさもとりあへず たむけ山 紅葉の錦 神のまにまに
このたびは ぬさもとりあへず 手向山 紅葉のにしき 神のまにまに
このたびは幣も取りあへず手向山 品詞分解と訳
菅家(24番) 『古今集』羈旅・420
このたびは幣もとりあへず手向山紅葉の錦神のまにまに
このたびは幣もとりあへず手向山紅葉の錦神のまにまに
百人一首解釋と鑑賞  24 〜  菅家(菅原道真)
菅原道真ってどんな人?百人一首から分かる学問の神様の才能
菅家(24番)『古今集』羈旅・420
このたびは 幣も取りあへず 手向山 紅葉のにしき 神のまにまに
このたびは幣もとりあへず
菅家
菅家

和歌

大鏡『菅原道真の左遷(東風吹かば)』のわかりやすい現代語訳と解説大鏡『菅原道真の左遷(東風吹かば)』の品詞分解
【東風吹かば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ】徹底解説!!意味や表現技法・句切れなど
ようやく春爛漫・「空飛ぶ梅は京都から」「東風(こち)吹かば」が早く来てほしい
東風吹かば… 春を忘るな・(春な忘れそ) 『大鏡』『拾遺和歌集』菅原道真
高校古文『東風吹かばにほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ』わかりやすい現代語訳と品詞分解
菅原道真の歌 梅の花は?菅原道真の和歌の、文法的な解釈について
菅原道真「東風吹かばにほひおこせよ梅の花、主なしとて春を忘れそ」
菅原道真の和歌の、文法的な解釈について菅原道真の和歌について
あめの下隠るる人もなければや着てし濡れ衣ひるよしもなき【濡れ衣】
東風吹かば、匂いおこせよ、梅の花、主無しとて、春を忘るな
東風吹かば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな(菅原道真)
菅原道真の川柳で、 東風吹かば 匂いおこせよ 梅
菅原道真 東風吹かばにほひおこせよ梅の花
菅原道真の和歌30首を一気読みしましょう
百人一首の風景 奈良市 手向山 古今集
このたひは...(菅家:かんけ、菅原道真)
詩吟 和歌「東風吹かば」菅原道真摂楠先生の和歌講習「東風吹かば」姫路指導者会菅原道真「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな」吉田裕子の令和新撰百人一首動画
東風吹かば にほひをこせよ 梅の花
「春を忘るな」vs「春な忘れそ」
菅原道真公の和歌23
菅原道真の和歌漢訳
東風吹かば(大鏡)
歌番号 24
東風吹かば
菅家

その他

秀才道真、業平と親交が深かったか…
菅原道真における自詩の比較表現の受容
菅原道真の左遷事件〜「漢詩」と『古今和歌集』〜
「松崎天神縁起絵巻」のあらすじ
『源氏物語』における君臣関係
菅原道真公絵巻(天井絵)の解説
東風吹かば、道真公にあやかろう
道真の七百日ーただ今し秋
北野天神縁起絵巻
菅原道真 関係人名辞典
聖武天皇水垣 久の系図
大宰府学講演会
『応天の門』を読もう
雷電:菅原道真の怨霊
天神伝説と演劇
菅原道真の詩
日本三代実録
自詠

山陰亭 漢詩和歌快説講座

「続日本紀」

天応元年六月壬子条

「菅家文草」

「月夜見梅花」[解説][口語訳]
「八月十五夜月亭遇雨待月」
「停習弾琴」[解説][口語訳]
「八月十五夕待月、席上各分一字」
「八月十五夜、月前話旧、各分一字」
「講書之後、戯寄諸進士」[口語訳]
「博士難」[解説][口語訳]
「予為外吏、幸侍内宴装束之間、...」
「尚書左丞餞席、同賦贈以言、各分一字」[口語訳]
「相国東閤餞席」
「北堂餞宴、各分一字」[口語訳]
「四年三月廿六日作」[解説][口語訳]
「哭田詩伯」[解説][口語訳]
「吉祥院法華会願文」[解説][口語訳]
「風雨」[解説][口語訳]
「冬夜、九詠独吟」[口語訳]
「寒早、十首」[口語訳]

「菅家後集」

「自詠」[口語訳]
「読開元詔書」[口語訳]
「聞旅雁」[口語訳]
「九月九日口号」[口語訳]
「九月十日」[口語訳]
「梅花」[口語訳]
「種菊」
「傷野大夫」[口語訳]
「九月尽」[口語訳]
「謫居春雪」[解説][口語訳]
「見右丞相献家集」[解説][口語訳]

「本朝文粋」

「奉菅右相府書」

「拾遺和歌集」

「君が住む...」[解説][口語訳]
「東風吹かば...」[解説][口語訳]

神楽・ねぶた・山車

九博に飾り山が再登場
菅原町 菅原道眞の山車
2008年 「菅原道真 雷神と化す」
浜田石見神楽
石見神楽演目紹介
人々の救い 天神信仰 – 菅原伝授手習鑑より –
名栗町のからくり人形

菅原伝授手習鑑

菅原伝授手習鑑2東風吹かばにほひをこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ四段目 天拝山の段近松門左衛門『天神記』斎世親王知っておきたい基礎知識梅は飛び 桜は枯るゝ世の中に 何とて松のつれなかるらん荒れ放題の大宰府での暮らし(1)荒れ放題の大宰府での暮らし(2)大宰府へ左遷。宇多法皇に別れを告げる道真文楽 早わかり「車引」くるまびき (菅原伝授手習鑑)「寺子屋」 てらこや (菅原伝授手習鑑)
『菅原伝授手習鑑』(すがわらでんじゅてならいかがみ) 牛に引かれて 天神祭り
天拝山の段 白太夫の忠義「大序 大内の段」「天拝山の段」の感動 吉田玉女師匠の菅丞相『菅原伝授手習鑑』「天拝山の段」における菅丞相と白太夫
敵味方に分かれた三つ子が直接対決!「菅原伝授手習鑑」の名場面「車引」
小学生でもわかる「車引」 〜梅松桜3兄弟のお話〜
歌舞伎座『菅原伝授手習鑑』特別ポスター公開通し狂言 菅原伝授手習鑑
菅原伝授手習鑑
菅原伝授手習鑑
文楽・菅原伝授手習鑑
えびす組大福帳
博多座鑑賞記
菅原道真
文楽〜住大夫引退公演
浮世絵 梅づくし
武部源蔵と「菅原伝授手習鑑」
「菅原伝授手習鑑」寺子屋の場
菅原伝授手習鑑
菅原伝授手習鑑
梅王
車引